ビジネス英語

話がそれた時、本題に戻る為の英語フレーズ10選

会議やミーティング、ディスカッションで、話しがそれた時に、話しを元に戻す、本題に戻る為の定番フレーズと言い回しをまとめました。「閑話休題」や「それはさておき」といったニュアンスの表現を紹介します。メインテーマや議題に留まることで、会議運営を円滑に進めることができます。

本題から外れていることを伝えるときのフレーズ

We’re gradually going off topic.
だんだん話しが脇道にそれています。

打ち合わせの話題が本題からそれて来ていることを指摘する定番フレーズは、”go off topic“(話しがそれる)です。off-topicで「主題から外れている」を意味し、gradually(徐々に)と組み合わせることで、「少しずつ話しがそれているよ」と早い段階でけん制することができます。

例文

  • Our discussion is warming up, but we’re gradually going off topic.
    ディスカッションが盛り上がっていますが、少し話が脱線気味ですね。
  • I’m afraid we’re gradually going off topic.
    恐れ入りますが、話しが脇道にそれてきています。

We’re getting sidetracked.
話しが脱線しています。

二つ目のフレーズは、sidetrack(脱線させる、外す)を使ったフレーズです。”get sidetracked“の意味は、「横道(脇道)にそれる」です。”sidetrack”には他にも「出世コースから外される」という意味もあります。

例文

  • I think we’re getting sidetracked.
    話が脱線しているように思います。
  • Could you stop sidetracking the discussion?
    話しをそらすのはやめていただきたい。
  • Her carrer was sidetracked for several years.
    彼女は数年間出世コースから外されていた。

We’re starting to go off topic.
主題からそれはじめています。

3つ目のフレーズは”start to go off topic“(主題から逸脱し始めた)です。”start to”で「~し始める」という意味で、同じ意味を持つ単語に”commence to”(~を開始する)などがあります。

例文

  • I think we’re starting to go off topic.
    主題からそれている感じがします。

We’re slowly veering off topic.
だんだん話しがそれてきているような気がします。

最後のフレーズは、”veer off topic“(話しがそれる)です。”veer off”は「それる」という意味で”The aircraft veered off course.”(飛行機が航路を外れた)などと使用します。以下の例文のように、”have a feeling”(~を感じる)と”slowly”(ゆっくりと)とを組み合わせることで、柔らかいニュアンスを出すことができます。

例文

  • I have a feeling we’re slowly veering off topic.
    だんだん話しがそれてきているような気がします。

話しを本題に戻すときの定番フレーズ

Let’s try to stick to the agenda.
議題に沿っていきましょう。

脇道にそれた議論を本題に戻すときには、”stick to agenda“(議題に沿う)が便利です。”stick to”で「~に沿って、遵守して」という意味です。sticker(ステッカー)は日本語としても定着しているので覚えやすいです。agenda(アジェンダ)も日本語として一般化しつつありますが、その意味は「議題」です。

例文

  • We’re going off topic now, so let’s try to stick to the agenda.
    話しがそれつつありますので、本題に沿って進めましょう。

Let’s get back to the topic.
では本題に戻りましょう。

次に紹介するのは、”get back to the topic“(本題に戻る)というフレーズです。”get back to”で「~に戻る」という意味です。”topic”は「主題、テーマ、話題」などの意味を持ちますが、ここでは議論の中心的内容、すなわち本題を指しています。

例文

  • I think we’re getting sidetracked now. Let’s get back to the topic.
    少し話しが脱線気味です。本題に戻りましょう。

「その話は置いといて」と話題を後回しにするフレーズ

Let’s leave that discussion for the moment.
その話しはとりあえず置いておきましょう。

議論が本題とは別に盛り上がったときに、「一旦置いておきましょう」と伝える際のフレーズは、”leave that discussion for the moment“(その話しはとりあえず置いておく)です。一旦打ち切り、後で再開する場合には、”resume the discussion later”(この議論はあとで再開する)もあわせて伝えるのがオススメです。

例文

  • Let’s leave that discussion for the moment.
    いまはその話は置いておきましょう。
  • We will take time to resume the discussion later.
    後ほどこの議論を再開する時間をとります。

質問をあとで受け付けるときの定番フレーズ

If you have any questions, please email me later.
質問がある方は、後ほど私までメールをください。

会議に時間的制約があり、質問を受け付ける時間が取れない場合には、”If you have any questions, please email me later.“(質問がある方は後ほどメールをください)というフレーズが使えます。email(メールする)の所は、call(電話する)やcontact(連絡をとる)といった動詞に置き換えてもOKです。

例文

  • We’re running out of time. If you have any questions, please email me later.
    時間がなくなってきました。ご質問がありましたら、後ほどメールを送ってください。

That’s enough questions for now.
ここで一度、質問は締め切ります。

質問が相次いだ場合に、「一旦質問を締め切ります」と伝えるフレーズは、”That’s enough questions for now”です。”for now”は「今のところ」という意味で、似た表現に”so far”(今までのところ)や”for the momoent”(今の時点では)があります。

例文

  • Thank you for asking questions. That’s enough questions for now.
    ご質問ありがとうございます。ここで一旦、質問を締め切ります。

次の話題に移る前に振り返る為のフレーズ

Let’s review before we move on to the next topic.
次の話題に移る前に、一度確認しましょう。

話題がそれたり、議論が錯綜したあとには、一度ディスカッションの内容を整理することが必要です。その際に使えるフレーズが、”Let’s review before we move on to the next topic“です。”move on to”は「(話題が)~に移る」という意味です。

例文

  • Let’s review the discussion before we move on to the next topic.
    次の話題に移る前にディスカッションの内容を一度振り返っておきましょう。