ビジネス英語

反対意見を伝えるとき、提案に反対するときの英語フレーズ8選

英語の会議やディスカッションの場で、意見や提案に反対する際に使えるビジネス英会話フレーズをまとめました。断固反対ですという明確な反対意見の表明から、「うまくいかないでしょう」というマイルドな反対までバラエティに富んだフレーズ集を紹介します。

反対意見を表明するときのフレーズ

I don’t agree.
反対です。

出席者からの意見や提案に対し、反対意見を表明するときには、”I don’t agree“が定番フレーズです。下で別途紹介しますが、strongly(強く)を加えることで、それには断固として反対します、という強いメッセージを発することもできます。

例文

  • I understand your point, but I don’t agree.
    要点は理解できましたが、私は反対です。

I’m against that.
それには反対します。

意見に対し反対を表明するときは、”I’m against that“というフレーズもシンプルでオススメです。”I’m against + 意見 / 提案”とすることで、何かに反対することを表します。例えば、下記の例文のように”the adoption of that system”(そのシステムの導入)に反対ですというように使うことが可能です。

例文

  • We are strongly against the adoption of that system.
    そのシステムの導入には絶対に反対です。

I’m opposed to that.
それには反対です。

反対意見を伝える3つ目のフレーズは、”I’m opposed to that“です。thatの部分には、”the idea”(その考え)や”your opinion”(あなたの意見)などを置くことができる、非常に融通の利く言い回しです。

例文

  • I’m not opposed to your idea.
    あなたの考えに反対しているわけではありません。

断固反対です、と伝えるときのフレーズ

We are strongly opposed.
断固反対です。

それには断固反対します、と強い反対メッセージを伝えるときには、”We are strongly opposed“のフレーズが便利です。”be opposed”(反対する)にstrongly(強く)という副詞を付けることにより、立場を明確にすることが可能です。

例文

  • We are strongly opposed to mere cost reduction.
    単なるコストカットには強く反対します。

It’s impossible.
それは不可能です。

何らかの提案に対し断固反対します、と伝えるときには発想を転換して、”it’s impossible“(不可能だよ)も使うことができます。”impossible”という単語は、映画ミッションインポッシブルシリーズでも有名ですが、これは「不可能な任務」の意味です。

例文

  • It’s impossible to do that.
    それを実行するのは不可能ですよ。

うまくいかないと思うときのフレーズ

I don’t think it’s going to fly.
うまくいかないでしょう。

反対意見をマイルドに伝える言い回しとして、”I don’t think it’s going to fly“があります。ここでの”fly”は、「(計画などが)うまくいく」ことを意味します。flyには他にも「(提案などが)受け入れられる」という用法もあります。

例文

  • To be honest, I don’t think it is going to fly.
    正直言って、うまくいかないと思います。
  • That explanation does not fly.
    その説明ではダメです。

It’s unlikely to go well.
うまくいくとは思えません。

反対意見をマイルドに表現するときに使える2つ目のフレーズは”it’s unlikely to go well“です。”it’s unlikely to …”で「~することがありそうもない、~しそうにない」という意味のフレーズです。”go well”(うまくいく)とは思えないと、遠まわしに反対を伝えることができます。

例文

  • I like your idea, but it’s unlikely to go well.
    素敵なアイディアだと思いますが、うまくいくかどうか。

会社の代表として反対する場合のフレーズ

On behalf of the company, we are obliged to say no.
弊社としては、ノーと言わざるを得ません。

会社の代表として反対意見を伝える際のフレーズは、”on behalf of the company, we are obligedt say no“です。”on behalf of”で「~を代表して」という意味です。”obliged to do”は「~する義務がある、~せざるを得ない」というニュアンスの言い回しです。

例文

  • On behalf of ABC company, we’re obliged to say no.
    ABC社の代表としては、ノーと言わざるを得ません。