ビジネス英語

電話で担当部署、担当者と話したいと伝える英語フレーズ8選

英語での電話対応の定番フレーズをまとめました。商品の追加注文をする場合や、請求書の内容について問い合わせをする場合などに使えるフレーズ集です。電話で問い合わせをしたいが、取引先の担当部署や担当者が不明の場合に役立つフレーズもあわせて紹介します。

担当部署に問い合わせるときの定番フレーズ

I need to talk with _____ department.

「△△部と話したい内容があるのですが」

特定の部署に問い合わせる場合には、”I need to talk with + 部署名”(△△部と話をする必要がある)で意思を伝えられます。その後さらに、”about + 用件”を加えることで、「○○の件について△△部署の方と話をしたいのですが」とワンフレーズで必要な情報を渡すことができます。

例文

 I need to talk with the accounting department about an invoice.
 請求書の件で、経理部の方とお話したいのですが。

Is this the number for _____ department?

「こちらは〇〇部の電話番号でしょうか?」

“Is this the number for + 部署名”(○○部の電話番号であっていますか?)で特定の部署の番号で間違っていないかを最初に確認するのが良いです。そのあとに”I’m calling to inquire about…”(~について尋ねたい)と用件を伝えればスマートです。

例文

 Is this the number for the Sales department?
 こちらの番号は営業部ですか?

担当部署が不明のときの定番フレーズ

Is this the right number to call regarding _____?

「~についての問い合わせはこちらでよろしいでしょうか?」

担当部署がわからない場合には、”Is this the right number to call regarding…?”のフレーズが便利です。regardingの後に問い合わせたい内容を名詞で置きます。regardingの代わりにconcerning(~に関して)やabout(~について)でもOKです。

例文

 Is this the right number to call regarding products?
 製品に関しての問い合わせはこちらでよろしいでしょうか?

担当者と話したいのですが、と伝える定番フレーズ

May I speak to _____?

「〇〇さんはいらっしゃいますか?」

特定の担当者と話したい場合は、”May I speak to…?”(○○さんと話せますか?)というフレーズが定番です。Mr. 〇〇やMs. 〇〇と敬称をつけて、先方に電話を取り次いでほしいことを伝えましょう。急ぎの用件の場合は、”It’s kind of urgent”(少々急ぎでして)と付け加えても良いでしょう。

例文

 May I speak to Mr. Steve?
 スティーブさんはいらっしゃいますか?

Is _____ available now?

「〇〇さんはいまお手すきですか?」

“May I speak to…?”(○○さんと話せますか?)というフレーズが定番ですが、available(手が空いている)を使って”Is he / she available at the moment?”(彼/彼女といま話すことはできますか?)と尋ねることも可能です。

例文

 Is Mr. Steve available now?
 スティーブさんはいまお手すきですか?

担当者が不明のときの定番フレーズ

I’d like to speak to someone in _____.

「〇〇部の方と話をしたいのですが」

担当者が不明の場合や、担当者を指定しない場合には”I’d like to speak to someone in + 部署名”のフレーズがおススメです。”someone in + 部署名”で「〇〇部の誰か」という意味になります。例えば営業部であれば”someone in Sales (department)”、経理部であれば”someone in the accounting department”となります。

例文

 I would like to speak to someone in Sales.
 営業部の方と話しをしたいのですが。

 I’d like to speak with someone in HR, please.
 人事部の方をお願いします。

Is there someone I can talk to regarding _____?

「〇〇について分かる方はいらっしゃいますか?」

問い合わせたい内容について「分かる方はいますか?」と伝えたい時には、”Is there someone I can talk to regarding + 用件”のフレーズが役立ちます。regardingで「~の件」という意味です。

例文

 Is there someone I can talk to regarding an invoice?
 請求書の件ですが、分かる方はいらっしゃいますか?

責任者と話したいときのフレーズ

May I speak with the person in charge of _____?

「~の責任者の方と話せますか?」

部署や案件、プロジェクトの責任者と話したい場合には、”May I speak with the person in charge of + 部署名など”のフレーズが定番です。”person in charge of ~”で「~の責任者」という意味です。

例文

 May I speak with the person in charge of sales, please?
 営業の責任者の方と話せますか?

ダイアログ(会話例)

A: Is this the number for the Sales department?
  こちらは営業部の番号ですか?

B: Yes. What can I help you with?
  そうです。どのようなご用件でしょうか?

A: May I speak with Mr. Marik, please?
  マリックさんと話せますか?

B: Sure. Please hold on.
  わかりました。少々おまちください。

今回紹介したフレーズ