ビジネス英語

電話に出るときのビジネス英語フレーズ10選

電話で使える英会話フレーズをまとめました。会社の受付や代表電話に英語の問い合わせが入ったとき、とっさの応対に困る方は多いのではないでしょうか。ここでは、電話の出方や、会話の出だし、用件の聞き方から保留の仕方まで実用的なフレーズを紹介します。

会社名、部署名を名乗るとき

  • Hello. This is Japan Marketing.
    はい、ジャパンマーケティング社です。
  • Hello, Japan Marketing Sales Department.
    はい、ジャパンマーケティング営業部です。
  • Good morning. Thank you for calling ABC reception.
    はい、ABC社受付でございます。
  • Good evening. ABC reception. Tanaka speaking.
    こんばんは。ABC社受付の田中がお受けいたします。

電話に出るときは、”Hello. This is (会社名)“が基本形です。Helloの部分は、Good morningやGood afternoon、Good eveningで置き換えても問題ありません。ほかにも、”This is…”を省略し、”Hello, (会社名)+(部署名)“の形をとることもできます。

電話の用件を聞くとき

  • How may I help you?
    どのようなご用件でしょうか?
  • What can I help you with?
    ご用件は何でしょうか?
  • What can I do for you today?
    どういったご用件ですか?

相手の用件を伺うときには、上記の3つが定番フレーズです。いずれも大きな違いはありませんが、しいて違いを挙げるならば、”What can I do for you today?“がややカジュアルなニュアンスを含み、レストラン等の飲食店でも耳にする点があります。

いったん保留にするとき

  • May I put you on hold, please?
    少々お待ちいただけますか?
  • Hold the line, please.
    このままで少々お待ちください。
  • Just one moment, please.
    少々お待ちください。

電話を保留にするときに使用する定番フレーズは上記の3つです。担当者に電話を取り次ぐ場合や、相手の質問に即座に返答できないケースに使えます。ほかにも、”Hold on, please.”や”Please hold.”といったフレーズは同様に「少々お待ちください」の意味を持っています。

ダイアログ(実際の会話例)

A: Hello. Thank you for calling ABC reception. How may I help you?
  お電話ありがとうございます。ABC社受付でございます。どのようなご用件でしょうか?

B: This is Taro Tanaka from JAPAN MARKETING. May I speak with Mr. Steve?
  ジャパンマーケティングの田中太郎です。スティーブさんはいらっしゃいますか?

A: Sure. Hold the line, please.
  わかりました。このままで少々お待ちください。

B: Thank you.
  ありがとうございます。

上記で紹介したフレーズ

今回のまとめ

今回はビジネスシーンで使える電話応対の英会話フレーズを紹介しました。当ブログでは、他にも様々なシーンで使える日常会話フレーズ集を紹介していますので、ぜひぜひチェックしてみてください。